賃貸まめ知識 大家と不動産会社について

流通物件にご用心

物件の情報を閲覧していると、同じ物件を目にする事がある。
一つの物件を様々な業者が扱っているものを流通物件と呼ぶ。
流通物件にご用心と言うことには、理由がある。
様々な不動産会社が紹介しているという事は、費用が非常にかかる。
お金をかけて広告を出さなければ、入居者が埋まらない。
つまりは、何らかの理由で不人気物件なのだ。
その理由は表から見える場合もあるが、掲載情報からだけでは見えない場合もある。
単純に部屋面積だったり、間取りだったりする場合もあるし、騒音だったりする場合もある。
基本的に流通物件には大本の不動産会社なり、大家なりが存在する。
それらを介して、他の不動産会社が物件を紹介する事になる。
気に入った不動産会社で話を進めても、最後に話をするのは別会社。
その点で不安になる人も多い。
流通物件は、家賃交渉がしやすい性質がある。
先に挙げた流通物件は不人気である事が最大の理由。
流通物件である事が確認できたなら、交渉してみる価値は十分にある。
出来る限り大本の不動産会社で話をする事が成功させるコツ。
流通物件を見分ける方法は様々。
最初に説明した複数の不動産会社が同じ物件を紹介しているのを見つけるのもその一つ。
他には不動産会社の担当者が物件の詳細について詳しく無い場合。
空き物件かどうかを確認するのに、いちいち電話確認している場合。
物件の下見に行く際に、別の不動産会社へ鍵を受け取りに行った場合。
などなど、特徴は幾つかあるので判断する事はさほど難しくない。
流通物件の中にも、しっかりとした物件はある。
新規で大々的に募集するアパートなどでは、各所に広告を出して入居者を募集する場合がある。
この場合は、上記のような流通物件の常識は通用しない。
通常の物件と同様だ。
流通物件を見抜いて、上手に交渉する事は賃貸を上手に利用する裏技の一つ。
どうせなら良い物件を安く利用したいもの、傾向をしっかり掴んで、成功率の高い交渉を心がけよう。
間違っても、悪い物件を高値でつかまされないようにしたい。
注目情報