賃貸まめ知識 大家と不動産会社について

家賃交渉が可能な物件

新築ピカピカの最新鋭設備を備えた賃貸に家賃交渉を挑むのは愚かだ。
そうした物件が高価なのは当たり前。
家賃交渉を前提に物件を探すのならば、交渉の余地のある物件を探すべきである。
ここでは、比較的交渉がしやすいような物件の特長について触れてみることにする。
まずは、築年数。
基本的に築10年以上を経過すると、人気は低下すると言われている。
その為、築年数は大きな目安の一つとなる。
借りたい物件が築10年以上なら、交渉の余地ありだ。
流通物件も狙い目。
不人気物件の為、各所から広告を出して入居させようとする流通物件。
当然、広告費を出してでも入居者を入れたいと考えているのだから、そこにつけ入る隙はある。
流通物件を見分けるのは簡単だがコツがいるので、興味があるなら調べてみるといいだろう。
交通の便。
基本的に駅まで徒歩15分以上と記載してある物件は交通の便が悪い。
バスで駅まで何分というものも、交通の便が悪いと言えるだろう。
交通の便が悪いと言う落ち度は、入居者に嫌われる要素なので交渉の余地あり。
さらに、徒歩20分などと掲載してある場合はバスなどの代替手段すらない可能性もある。
なお更狙い目だろう。
敷金、礼金なしの物件。
意外と思われるかもしれないが、敷金礼金なしを謳うのは入居者が入らないから。
不人気である事を自分から教えているようなものなので、交渉の余地はある。
担当者は不人気だから敷金礼金なしにしていると説明するかもしれないが、少し食い下がってみるのはありだ。
このあたりは、本当に駆け引きとなるだろう。
問題のある部屋。
日当たり、騒音、事故物件などなど。
何らかの問題がある物件も交渉の余地がある。
大家にとって、物件を長く空けておくという事は損害そのもの。
少しでも早く入居者を入れたいのは皆同じ。
後は大家と入居者の家賃のせめぎあい。
万人にとって不良物件、優良物件と言うのは無い。
自分は何について妥協できるのかをよく考えて、妥協できる部分を強みにして交渉していくといいだろう。
注目情報