賃貸まめ知識 大家と不動産会社について

保証人と連帯保証人の違い

物件を賃貸する際には、だいたい保証人を立てることになる。
保証人と連帯保証人、よく聞く言葉である。
賃貸だけでなく、日本では何かと入用になるものだ。
さて、その両者の明確な違いを理解している人はどれくらいいるのだろうか。
似たような言葉でありながら、保証人と連帯保証人は似て非なるもの。
まず、保証人の説明をしよう。
通常、債務者の支払いが滞った場合、取立人は債務者に対して支払いの督促をする義務がある。
債務者を通り越して、保証人に話をする事は出来ない。
更に債務者の支払いが滞った場合でも、債務者に支払い能力がある場合に保証人は支払いを拒否する事ができる。
債務者が払えるにもかかわらず、支払いを拒んだ場合も同様である。
最終的に保証人が債務を肩代わりする事になった場合でも、保証人が複数要れば均等に負債は分担される。
債務者が財産を持っている場合は、それを差し引いた上で保証人の間で均等割りとなる。
簡単に言えば、取立人は安易に保証人に債務者の債務を請求する事ができないのである。
債務者が財産を保有したまま、行方知れずになってしまったら取立人は泣き寝入りだ。
一方、連帯保証人は非常に恐ろしい。
上記の全ての権利を行使する事ができない。
支払いが滞った際に、債務者ではなく取り立てやすい連帯保証人に請求する事が可能。
そこには債務者への請求義務も何も無い。
更には連帯保証人が複数いても、均等割りにはならない。
一番取り立てやすい人間一人から取り立てることができる。
つまり、連帯保証人は取立人に対して、何ら抵抗する手段を持たないのである。
保証人と連帯保証人、まさに雲泥の差だ。
よく保証人になるなという言葉を耳にする。
それは厳密に言えば、連帯保証人のことなのである。
もちろん、保証人も出来る限りならないほうが良いのは言うまでも無い。
しかし、それ以前に何をするにも保証人や連帯保証人が必要となる日本の制度はおかしいのではないかと言う疑問も浮かぶものである。
注目情報