賃貸まめ知識 大家と不動産会社について

元付けと客付けと大家

業界用語を知ることで、賃貸の仕組みが分かりやすくなる。
今回は元付け、客付け、大家について。
この三者は賃貸を利用する際に最低限関わるもの。
仕組みを知っておくと、入居する時にどこと話をすればいいのか。
入居後のトラブル時どこに苦情を言えばいいのかが見えてくる。
まず、大家と言うのは知ってのとおり、物件の所有者のこと。
大家が物件の全てを握っていると言う表現は正しい。
だが、多くの大家は運営を外部に委託しているケースが多い。
入居者の募集は仲介会社へ、物件の管理は管理会社へといった具合だ。
元付けとは管理会社のこと。
管理会社とは、物件の管理を担当する。
リフォームやクリーニング、入居審査や家賃の回収などなど。
細かなところまで気配りをするので、意外と一番身近なのは管理会社だったりする。
入居者からのクレームを受けるのも、だいたい管理会社の仕事となる。
客付けとは仲介会社のこと。
物件を宣伝し、入居希望者を管理会社と引き合わせる会社のこと。
仲介会社が管理会社を兼任している事もあり、誤解されやすいが本来は別々の業務。
クレームなどを仲介会社に申し入れても、取り合ってもらえない事が多い。
その事に腹を立てて憤慨する人が多いが、最初からクレームを言う相手を間違えている。
これらの三者を介して、賃貸契約は進む。
継続的に付き合う大家と管理会社のことを考えると、仲介会社は最初だけ。
どうにも雑に考えてしまいがちだが、それは間違いだ。
仲介会社が最初の窓口になるので、そこでの印象は重要になる。
仲介してもらう際に、仲介会社が軽く口添えしてくれるだけでも管理会社の印象は随分変わる。
賃貸契約の際には最初から最後まで油断をしてはいけない。
管理会社や大家は、仲介会社を通してあなたを見ているのだから。
不動産業界は狭い世界なので、噂は結構広まってしまうもの。
更に賃貸は信頼が重要なものなので、悪い噂には敏感。
その点は非常に注意しなくてはならない。
注目情報